コロナ現金給付?トレンドに上がるもバイデンUS14万円。二回目の現金一律給付を求めますも話題に




現金給付がツイッターで話題になりホントかと思い検索したら残念。アメリカの話でした。

ツイッターではいろいろな声が。

現金給付ツイッターの声

現金給付はどんなニュースだったの

バイデン米次期大統領は1.9兆ドル(約200兆円)規模の新たな新型コロナウイルス対策案を発表した。

現金給付を1人当たりさらに1400ドル(約14万5000円)支給するほか、失業給付の特例加算も9月まで延長する。

巨額の経済対策で景気の早期回復を図るというニュースでした。

アメリカの現金給付はいつ発表したの?

バイデン氏は米東部時間14日夜(日本時間15日午前)に地元デラウェア州で演説

「米国はパンデミック(大流行)と経済悪化の2つの危機にあり、時間を空費する余裕はない」と早期の経済対策の実現を訴えた。

今回の1.9兆㌦の対策は「失業者などへの第1弾の経済救済案にすぎない」と述べ、2月に予定する両院合同議会での演説で「インフラ投資などの経済再建策を改めて表明する」と主張したそうです。

日本とは大違いですね

現金給付で「二回目の現金一律給付を求めます」が大盛り上がり

まとめ

日本もアメリカのようにどんどん対策を立ててコロナ減少させるとともに経済を活性化させる施策を考えて実行してほしいですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする