僕のヒーローアカデミア320話のネタバレ!雄英1年A組のデクへの想いが炸裂!




今回のヒロアカのタイトルは「デクvsA組」

それでは早速ヒロアカ320話ネタバレを「僕のヒーローアカデミア320話のネタバレ!雄英1年A組のデクへの想いが炸裂!」としてお届けしていきます。

ヒロアカ最新320話は7月19日(月)の週刊少年ジャンプ33&34合併号に掲載。

僕のヒーローアカデミア320話ネタバレ デクVSA組

飯田が雨に打たれながら

「一度決めたら止まらない人だって、よく知ってるんだ」と思っていると

爆豪がデクをにらみながら

ここで暴豪がデクがワンフォーオール4·6代目の個性も解禁したと挑発。

「聞いたぜ」「4・6代目も解禁したって」「すっかり画風が変わっちまったなぁ!?クソナード」とボロボロのデクに問いかけます。

デクは「・・・」「ありがとう」「来てくれて」と言いながら「ボア」という音とともに煙幕!!をデクがA組に放つ。

「逃がすな」と爆轟がA組のみんなに言います

「煙幕!!」

「6代目の・・・」

僕のヒーローアカデミア320話ネタバレ 煙幕対爆風地雷!

爆豪は

「話もしねーでトンズラか」

「何でもかんでもやりゃできるよーになると周りがモブに見えちまうなぁ!?」

と爆風地雷を放つ。

正面から向き合おうとする雄英1年A組。

デクは煮え切らない思いを抱えたまま逃げるばかり。

堪忍袋の緒が切れた爆豪は怒りをぶつける!!

デクとの関係や生徒の中では唯一爆轟は

ワンフォーオールの秘密を知っていた中

デクが居なくなって悔しいのでしょう!

デクの心には十分にその思いが響いていますが、立ち止まらずに逃走を続けます。

ヒロアカネタバレ320話 雄英A組のコンビネーションで対応

爆豪の声に続くようにして、”戻ってきても大丈夫だ”と必死に呼び掛けたのは口田くん

口田が

「戻ってきて大丈夫だって、緑谷君」

「校長先生が戻っておいでって」「ね!?」「だから逃げないで」

と大量の鳥を繰り出すと、デクは「ごめん」と黒鞭で逃げていく。

校長先生も戻っておいでと言っている!だから逃げないで戻って来てと気持ちを

伝えます

今度は、瀬呂君が黒鞭にテープを伸ばし固定。

瀬呂が

「黒鞭垂らしっぱにしてんのコエーよ、警戒するわ」

と黒鞭を捉える、

以前戦い方の基本を、手取り足取り教えてもらったのは良い思い出を思い出す

しかし瀬呂の放ったテープもデクの手刀で切られてしまいました。

次に現れたのは耳郞のイヤホン。

心音壁(ハートビートウォール)で攻撃!

デクのほうがスピードは数段上なので取り逃がす

瀬呂に続き耳郞もデクを逃してしまいます。

「文化祭の時要点のまとめ方教えてくれたのかなり助かったんだよね!」

それでも耳郞は些細な事でも嬉しかったと伝えました。

“尾空旋舞(びくうせんぶ)”

耳郞の後ろから尻尾でデクを捕らえたのは尾白。

体育祭の心操戦の時、デクが自分の為に怒ってくれた事を忘れないと告白!

尾白君

「おまえだけボロボロになってまで戦うなんて見過ごせない」

デクは

「オールフォーワンに奪われる···!だから離れたんだよ···!!!」

しかしデクはみんなを危険に晒すことは出来ないと拒否!

既に尾白の尾空旋舞に拘束されながらも、それをデクは腕の力だけで抉じ開けていきます。

僕のヒーローアカデミア320話 安全確保が最優先!

逃げ続けるデクを常闇が捕らえ、”黒影(ダークシャドウ)”でビルに押し込みます。

そして耳郞と尾白を両脇に抱え、空中を移動していた砂藤は信号機の上に着地

砂藤が

「緑谷聞いてくれ」

「おまえは特別な力持ってけっけど、気持ちは俺らも同じだ」

「さっき口田の言った学校の方の話もさ」

「聞いてくれ、でなきゃもうエリちゃんにリンゴアメ作る時食紅貸してやんねー」

と言う

デクは

「いいよ」「エリちゃんだって」「僕からじゃなくていいよ」

冷たい言葉で返す。

彼の背後から音もなく近付いたのは八百万です。

八百万は巨大な機械でデクを拘束し、眠らせた上で動きを封じます。

八百万が

「初めは一同あなたについて行くつもりでした」

「今はエンデヴァー達と協力のもと個性を行使しています」

「緑谷さんの安全を確保するという任務で」と眠らせる装置で拘束しよとする

任務内容はデクの安全の確保!

デクは

「もうかまわなくていいから」「僕から離れてよ」

と無理矢理拘束から脱出していく。

ヒロアカネタバレ320話 デク捕捉される?

「やなこった!!」

今度は八百万の背後で控えていた上鳴が、デクの肩を抱き語りかけました。

確かにオールフォーワンは悪の権化、倒さなければならない最終目標。

だが今のデクにはそれ以上に大事なものがあると上鳴。

上鳴が

「緑谷、OFAだから大事だと思うけど、今のおまえにはもっと大事なもんがあるぜ」

「全然趣味とか違げーけど、おまえは友だちだ」

「だから、無理くりにでもやらせてもらう」

上鳴に拘束されたデクに、絶縁テープを巻いた腕を巻き付けたのは障子。

このメンバーならオールマイト相手でも怖くないというセリフは、合宿襲撃時にデク自身が言ったことだと指摘します。

“終焉 胎(ラグナロク胎)”

ダークシャドウを駆使した攻撃が得意な常闇

常闇が「ここは暗くて良い」「ダークシャドウの攻撃力を防に利用するのはおまえのアイデアだったっけな、緑谷」とラグナロク 「胎」を繰り出す。

ラグナロク胎でデクをぐるぐる巻きにした常闇はそう語りました。

障子が

「おまえにとって俺たちは庇護対象でしかないのか?」と言う

上鳴も「とりあえず風呂入ろな!?」「緑谷風呂行こ」と言う

デクは

「頼むから」

と拘束をこじ開けビルから脱出する。

ヒロアカネタバレ320話 無反応の危機感知!

デク

「やめてくれよ」

「わかってる、皆が心配してくれてる」

「心の底から心配してくれてる」

「わかるんだ」

「だってさっきから危険や害意を捉えるはずの「危機感知」が全く反応しないんだ」

「だから、離れてよ」

「頼むから」「僕は、大丈夫だから」と悲しい声で叫ぶ

そこに轟が登場!!

轟君

「なんだよその面」

「責任が涙を許さねぇか」

「その責任、俺たちにも分けてくれよ」

と穿天氷壁で行く手を阻む。

デク「頼むから···!!うう···!うああああ!!」

マスクで隠れて表情は分かりませんが、デクは必死で引き止めようとする友達の様子に涙しました。

常闇が放ったダークシャドウのラグナロクを抉じ開け、尚も逃走を続けるデク!

デクの危機感知が全く反応しないことからデクもみんなの気持ちがわかります

「だから···!離れてよ···頼むから!」

「僕は!大丈夫だから!!」

遂に脱げたマスクから伝わるデクの複雑な感情!

大切な者を巻き込まない為に、出来るだけ雄英1年A組を引き離そうとします。

ヒロアカネタバレ320話 思いをぶつける梅雨!

ピタチョン蛙吹登場!!

蛙吹が

「行かせないわ」

「もうオロオロ泣いたりしない」

「大切だから」「怖い時は震えて、辛い時には涙を流す私のお友だち」

「あなたがコミックのヒーローのようになるのなら、A組一人で架空へは行かせない」

と言葉をかける。

以上でヒロアカ320話のネタバレは終了です。

A組のみんなの熱い気持ちが伝わる回でしたね

僕のヒーローアカデミア320話ネタバレ みんなの声も

みなさんかなり激熱な感想です

僕のヒーローアカデミアを全巻買うのは正直しんどい方はレンタルがおすすめです。
私も結構使っています。
【全マンガ1冊95円】DMMコミックレンタル



ただ、人気コミックはレンタルしづらいですが・・・

僕のヒーローアカデミア グッズ紹介

ここで、グッズを紹介します!!
気になるものがありましたら、クリックをして詳細、値段等を
確認してみてください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コトブキヤ ARTFX J ホークス 僕のヒーローアカデミア フィギュア 【1月予約】
価格:15580円(税込、送料別) (2021/7/24時点)

楽天で購入

まとめ

僕のヒーローアカデミア320話のネタバレ!雄英1年A組のデクへの想いが炸裂!

をお届けしました。

A組のみんなの気持ちが詰まった熱い内容でしたね!
次回も楽しみですね

最後までお読みいただきありがとうございました

僕のヒーローアカデミアを全巻買うならここがお薦め!
国内最大級の品揃え!【DMMブックス】






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする