線状降水帯が鳥取県中・西部に発生中!線状降水帯の松江の情報は?




気象庁は、午前6時59分、鳥取県の中・西部に「線状降水帯発生情報」を発表しました。この情報が発表された地域では、線状降水帯によって非常に激しい雨が降り続き、土砂災害や浸水、河川の洪水など災害の発生する危険度が急激に高まっています。ただちに身の安全を確保してください。

「線状降水帯発生情報」とは?

線状降水帯とみられる現象が発生したことを知らせる情報で、この情報が発表された地域では、土砂災害や浸水、河川の洪水など災害の発生に結びつくような非常に激しい雨が降り続きます。

ツイッターの情報は?

崖や川の近くなど危険な場所にいる方は、地元市町村が避難情報を発表していないか確認し、状況に応じて、ただちに「立ち退き避難」や「屋内安全確保」など、適切な避難行動をとってください。

また、市町村が定めた避難場所などへ避難することがかえって危険な場合は、崖や沢から少しでも離れた頑丈な建物や、少しでも浸水しにくい高い場所に移動するなど、ただちに身の安全を確保して下さい。

まとめ

線状降水帯が鳥取県中・西部に発生中ですので、先日の熱海のこともあるので早めの非難をしてください!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする