VINTAGE TROUBLEライブ東京2019/4/15セトリ!初日の渋谷TSUTAYA O-EAST曲選とファン感想は?

Sponsored Links








VINTAGE TROUBLEヴィンテージ・トラブル東京ライブ2019/4/15(月)が 渋谷 TSUTAYA O-EASTで開催されました。

そこで、VINTAGE TROUBLEライブ東京2019/4/15セトリ!初日の渋谷TSUTAYA O-EAST曲選とファン感想は?と題してお届けします

本日公演
VINTAGE TROUBLE
東京 2019/4/15(月) 渋谷 TSUTAYA O-EAST 当日券あり
Support Act
TRI4TH
開場・開演
OPEN 18:30 / START 19:30

アーティスト情報

VINTAGE TROUBLE
Vintage Troubleは2010年に米ロサンジェルスで結成されたR&B/ロックンロールにバンドだ。
メンバーはヴォーカルのTy Taylor(タイ・テイラー)、ギターのNalle Colt(ナル・コルト)、ベースのRick Barrio Dill(リック·バリオ·ディル)、ドラムのRichard Danielson(リチャード·ダニエルソン)の4人で、Doc McGhee(KissやBon Joviを手掛けたミュージック・マネージャー)によって見出された。イギリスに拠点を移し、人気テレビ番組でのパフォーマンス等が話題となり、2011年にリリースされたデビュー・アルバム『The Bomb Shelter Sessions』は予約のみでUK AmazonのR&Bチャート1位、同じくロック・チャートで2位となった。2014年のEP『The Swing House Acoustic Sessions』を経て、バンドはBlue Noteと契約。Blue Noteが契約した初のロック・バンドとなり、2015年にはセカンド・アルバム『1 Hopeful Rd.』をリリースした。「世界一のライヴ・バンド」と評されるなど、彼らのパフォーマンスには定評があり、The Who、The Rolling Stones、AC/DC、Lenny Kravitz、Bon Jovi、Brian May、Dave Matthews Band等ともライヴを行っています

TRI4TH
2009年3月に、須永辰緒主宰レーベル”DISC MINOR”からアナログシングル 「TRI4TH plus EP」でデビュー。2009年11月には、脚本・三谷幸喜、音楽監督・小西康陽ミュージカル「TALK LIKE SINGING」に出演、東京・ニュー ヨーク公演に参加する等、幅広い活動を展開。 ジャズをベースにロックやスカを取り入れた音楽性が高く評価され2017年2月のNISSAN JAZZ JAPAN AWARD 「アルバム・オブ・ザ・イヤー」ニュースター賞受賞。
ライブではフランス“Jazz a Vienne” / デン マーク“Copenhagen Jazz Festival 2017”をはじめ2年連続東京ジャズ、札幌シティジャズ等へ出演など国内外のフェスにも出演。2018年11月にソニー・ミュージックより満を持してフルアルバム『ANTHOLOGY』をリリース。

ツアー日程

VINTAGE TROUBLE
東京 2019/4/15(月) 渋谷 TSUTAYA O-EAST
Support Act
TRI4TH
開場・開演
OPEN 18:30 / START 19:30

愛知 2019/4/16(火) 名古屋 CLUB QUATTRO
開場・開演
OPEN 18:30 / START 19:30

大阪 2019/4/18(木) 梅田 TRAD
開場・開演
OPEN 18:30 / START 19:30

ライブ前のファンの反応

VINTAGE TROUBLEライブ東京2019/4/15セットリスト

まだセットリストは上がってきてはおりません。
情報が入り次第こちらにアップしていきますね!

VINTAGE TROUBLEライブ東京2019/4/15 感想

只今、制作中。
みなさまの声が上がりましたら
またこちらにアップしていきます
こちら

VINTAGE TROUBLEライブ東京2019/4/15 まとめ

VINTAGE TROUBLEライブ東京2019/4/15セトリ!初日の渋谷TSUTAYA O-EAST曲選とファン感想は?をお届けしました。いかがだったでしょうか?

かなり盛り上がったみたいですね

Sponsored Links








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする