甲斐野央好きなタイプや彼女は?仲良しチームメートの評判が気になる?

Sponsored Links



甲斐野央好きなタイプや彼女は?仲良しチームメートの評判が気になる?

ソフトバンクに1位指名された甲斐野央選手の情報をまとめてみたいと思います。

爽やかなイケメンなので、好きなタイプなどいるのか気になったのでまとめてみました。

では、プロフィールからどうぞ!!

甲斐野央

View this post on Instagram

ヒロシ頑張れー! #甲斐野央#甲斐野家おめでとう#野原じゃない#SoftBankふぁん#よくあんな田舎から

T-Oyamaxさん(@taxi_oyam)がシェアした投稿 –


甲斐野央

氏名:甲斐野央 (かいのひろし)
生年月日:1996年11月16日 (21歳)
出身:兵庫県西脇市
経歴:黒田庄小→黒田庄中→東洋大姫路高校卒業→東洋大学経営学部在学
身長:185cm
体重:75キロ
投打:右投左打
守備:投手

小学3年生から黒田庄少年野球団に入団して、投手としての野球人生をスタート

小学3年生から黒田庄少年野球団に入団して、投手としての野球人生をスタート。

中学では硬式クラブチームには所属せず、軟式野球を続け東播地区で優勝しており、3年秋にKボール全国秋季大会に兵庫県代表として出場、優勝となっています。
東洋大姫路高校進学後は、1年秋よりベンチ入りをするも、投手としてではなく内野手として試合に出場しています。

2年夏より背番号3を背負いマウンドへあがるようになり、3年の夏は背番号1を背負いエースとしてチームを引っ張りました。
甲子園出場経験はありません。

東洋大学へ進学後は、1年秋からマウンドに上がり3年秋に初勝利を記録すると、その後も勝ちを積み重ね、最優秀投手とベストナインに輝いています。
2018年の春季リーグからチームの抑えとして活躍、立正大戦で自己最速を更新する159キロをMLBスカウトのスピードガンが記録しています(※球場表示は152キロ)。
さらに、8月26日のU-18対大学生代表では抑えとして登板して158km/hを記録。凄い!!

そんな甲斐野央高校時代は球速も141キロと、
ごく平凡な投手でした

そんな甲斐野央高校時代は球速も141キロと、
ごく平凡な投手でした

それが東洋大学に入学し鍛えたら、今では最速159キロを投げる
プロ注目の右腕にまでなりました。

東洋大学に進学してから大きく
変わった選手なのです。

高校と大学では練習量も違いますし、練習内容も大きく違います。

ここの差が非常に大きいですね。

筋トレなども取り入れて、体が高校時代から一回り大きくなった印象を
受けます。

また、甲斐野央選手の性格については、梅津晃大投手とよく比較されて
いますね。

2人は正反対の性格で、梅津投手のおとなしく温厚な気質に対して(マウンドでは
豹変するが)、甲斐野央投手は「入学時からずっと梅津投手と比較されてきたので、
負けたくない」と言っています。

じつにストレートで頼もしいですね。

仲良しチームメートの評判

東洋大には3人の有望な投手がいます。甲斐野央、上茶谷大河、梅津晃大の3投手ですね。

上茶谷大河選手は横浜、梅津晃大選手は中日にドラフトで決まりました。

投手同士なのでやはりライバルには負けたくない気持ちがあるとおもいます。

なので、いい意味のライバルなのだけれども、みんな仲が良いのだと思います!!

好きなタイプや彼女は?

甲斐野央選手は彼女がいるのか調べてみたところ、情報が出てきません。

笑顔が素敵でかっこいいので、彼女はいそうですが・・・

また、情報が出てきたらアップしますね。

まとめ

甲斐野央選手は高校時代はそれほどの選手ではなかったようですが、大学に行って素質がのびた選手ですね。

大学に行ってから素質が伸びた選手は、プロに行っても長く活躍ができる人の方が多いので

頑張ってもらいたいですね。

Sponsored Links








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ラック より:

    高校で141㎞/hを投げられるのは全然平凡じゃないぞー