ジャパンカップ競馬速報ネタバレ2018! 結果や予想は?驚愕レース感想レポ!

Sponsored Links



ジャパンカップ 2018が本日開催されますね!

みなさんの予想はどうなりましか?

そんな、ジャパンカップ競馬速報結果ネタバレ2018!をしちゃいます。

結果は一番下にあります。

三冠牝馬アーモンドアイが参戦!
2018年、第38回ジャパンカップがいよいよ開催されます。
今年の注目はやはり、牝馬の頂点に立ったアーモンドアイではないでしょうか。
外国馬は、今年も絶対的な能力の馬は来日しなかったので伏兵扱いです

2018ジャパンカップの枠順


ただ今のオッズはこちら

1 アーモンドアイ 1.5 (1人気)

2 ハッピーグリン 206.3 (14人気)

3 サトノダイヤモンド 6.9 (3人気)

4 サトノクラウン 74.5 (9人気)

5 ミッキースワロー 53.5 (8人気)

6 サンダリングブルー 37.8 (7人気)

7 サウンズオブアース 169.6 (13人気)

8 キセキ 10.1 (4人気)

9 シュヴァルグラン 13.2 (5人気)

10 ガンコ 150.8 (11人気)

11 スワーヴリチャード 5.9 (2人気)

12 カプリ 26.5 (6人気)

13 ノーブルマーズ 158.3 (12人気)

14 ウインテンダネス 74.7 (10人気)

オッズは変動があるので確認はお願いします

2018ジャパンカップ人気馬
アーモンドアイ


1番人気はやはり三冠牝馬アーモンドアイ。
牝馬とはいえ、他馬を圧倒するパフォーマンスを見せ続けている。

スワーヴリチャード


G1大阪杯を制したスワーヴリチャードが離れた2番手。
1番人気に推された安田記念、天皇賞秋は3着、10着。

サトノダイヤモンド


016年の有馬記念勝利馬サトノダイヤモンドが3番人気。
前走G2京都大賞典で、川田将雅騎手に乗り替わり約1年半ぶりの勝利をGET。

競馬予想家の予想はこちら

ジャパンC 2018
須田鷹雄
◎  1.アーモンドアイ
◯  3.サトノダイヤモンド
▲ 11.スワーヴリチャード
☆  9.シュヴァルグラン
△  8.キセキ

古谷剛彦
◎  1.アーモンドアイ
◯  3.サトノダイヤモンド
▲ 11.スワーヴリチャード
▲  9.シュヴァルグラン
△ 12.5

棟広良隆
◎  1.アーモンドアイ
◯ 11.スワーヴリチャード
▲  8.キセキ
△  9.シュヴァルグラン
×  3.サトノダイヤモンド
注  4.7

辻三蔵
◎  8.キセキ
◯  1.アーモンドアイ
▲ 11.スワーヴリチャード
△  3.サトノダイヤモンド
△  9.シュヴァルグラン

津田照之
◎  1.アーモンドアイ
◯  8.キセキ
▲ 11.スワーヴリチャード
▲  3.サトノダイヤモンド
△  9.10.13.14

栗山求
◎  9.シュヴァルグラン
◯  1.アーモンドアイ
▲ 11.スワーヴリチャード
△  3.8.12

須田

「過去10年のジャパンカップを振り返ると、牝馬の方が牡馬よりも勝率、複勝率で大きく上回る。本命の①アーモンドアイを素直に評価。負けるとしたらスタミナ色の強い展開になった場合で、その時には対抗③サトノダイヤモンドが台頭する」

「2008年以降、ジャパンカップの調教コース別成績では、栗東CW調教馬が4勝。複勝率37%は栗東坂路調教馬を上回る。ジャパンカップは外国人騎手が数多く乗るので、ヨーロッパのような馬群密集型のスローペースになりやすい。栗東CWコースでは、実戦を意識して、瞬発力強化。ラスト1F 12秒前半は必須条件。上がり時計の速さが重要で、4F 52秒台が理想。本命の⑧キセキが好走時計に該当。今季3度目の遠征だが、ますます快調。前走の天皇賞・秋は負けて強しの内容。勝ち時計の1分56秒8は、レース史上2番目に速い好タイム。高速決着にも対応し地力の高さを証明した。昨年、不良馬場の菊花賞を勝った実績からもスタミナには自信がある。鞍上の川田騎手は、今年の秋のG1で4戦1勝、2着1回、3着2回と安定感抜群。外国人騎手が猛威を振るうなか、頼りになる日本人騎手」

津田

「今年のジャパンカップはどちらかというと、キレるタイプよりも長くいい脚を使うタイプが多い。その中にあって、①アーモンドアイの瞬発力は、1枚も2枚も抜けている。そして今の東京は開催が進んでも、高速馬場が続く状況で、舞台としてはこの馬にベスト。加えて最終追いが坂路だった前走時と比べると、調教過程も意欲的に映る。さらにいえば、折り合って運んだオークス、秋華賞の内容から距離に対する不安も皆無。信頼度は高い。相手筆頭は⑧キセキ。中2週、中3週のローテーションでも、調教を緩めていない点は好感が持てる。春とは違う印象。馬券は①と⑧の2頭軸(三連複)で勝負」

栗山

「⑨シュヴァルグランの連覇に期待。ヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナ。秋華賞とドバイターフを勝ったヴィブロスの姉妹で、父は中長距離向きのハーツクライ。2400m以上では、16回走って14回馬券に絡むという、圧倒的な強さを発揮している。この三兄妹は東京コースの重賞を得意としており、G1を3勝。G2とG3を各1勝ずつという好成績。勝率41.7%、連対率58.3%という驚異的なアベレージ。中でもシュヴァルグランは、飛びの大きな走法なので、ジャパンカップは1着、3着に加えて、アルゼンチン共和国杯も勝っており、合計3回走ってすべて馬券圏内に入っている。前走、休み明けの京都大賞典は、向こう正面で馬が力んでしまい、それがラストの伸びを欠く原因となった。当初から秋の大目標はジャパンカップであり、1度叩いた今回は万全の状態で挑むことができる。スローの瞬発力勝負はアーモンドアイに有利なので、ウインテンダネスやキセキなど、先に行く面々は平均して速いラップを刻むはず。息の入らない流れになれば、ロードカナロア産駒のアーモンドアイより、シュヴァルグランのスタミナと底力の方が信頼できる」

買い目

古谷剛彦

3連複
1-3-11 7,000円
1-3-9 3,000円
1-3-12 1,000円
1-3-5 1,000円
3連単F
1 → 3.11 → 3.5.9.11.12
8点 各1,000円
総額:20,000円
棟広良隆
3連単F
1 → 11.8 → 11.8.9.3.4.7.14.12.6 (16点)
小木茂光 (番組MC)
⑪スワーヴリチャード、⑨シュヴァルグラン、⑧キセキ
3連単F
8.9.11 → 1.3.4.6.8.9.11.12 → 8.9.11 (36点)
守永真彩 (番組MC)
⑧キセキ
3連複軸1頭流し
8-1.6.9.11.12 (10点)

みんなの予想

こちら

こちら

こちら

こちら

ジャパンカップ2018結果速報!

結果の方は分かり次第こちらに

アップしていきます。

おまちください。

ジャパンカップ結果は三冠牝馬アーモンドアイが優勝しました!

凄いですねー。

これは年度代表馬になるのではないでしょうか?

ジャパンカップ2018結果速報 まとめ

ジャパンカップ競馬速報ネタバレ2018! 結果や予想は?驚愕レース感想レポ!

をお送りしました。

いかがだったでしょうか?

三冠牝馬アーモンドアイが参戦!して盛り上がったジャパンカップ2018

また、外国人騎手はどうなったのでしょうか?

Sponsored Links








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする